株式会社多摩川電子


menu

PAGE TO TOP

page_mainimg17

多摩川電子のご紹介

service
01

高周波無線技術のエキスパート


高周波無線技術のエキスパート

当社は1968年の創業以来 一貫して高周波無線技術に基づく製品開発にこだわり、独自の技術を築き上げてきました。

創業以来、培ってきたアナログ高周波技術に加え、光伝送、デジタル信号処理やFPGA等のデジタル技術、それらを組合せたシステムインテグレーションまで技術領域を日々拡大しております。

また技術領域の拡大だけでは無く、最新の生産管理システムの導入とグローバルな生産対応により、QCDの面においてもお客様の声に幅広く対応しております。

ますます発展していく通信・放送市場において、国内でも数少ない高周波無線技術のエキスパート企業として、当社の技術が人々の快適な生活に貢献できるよう先端技術の吸収に積極的にチャレンジしていきます。


 
 

service
02

事業の専門領域


デバイス部門

デバイス部門では、当社のコア・テクノロジーであるアナログ高周波技術を駆使して、高周波無線システム用パッシブコンポーネント(電源供給を必要としない受動部品)の開発・製造を行っております。

減衰器、切替器、分配・合成器、共用器や各種フィルタなど、豊富なラインナップを揃えすべての製品においてお客様のニーズに応じたカスタマイズが可能であり、各種コンポーネントを組み合わせた複合コンポーネントの開発も行っております。

 

システム部門

システム部門ではアナログ高周波技術・光伝送技術・信号処理、ソフトウェア技術により、増幅器、発振器に代表される高周波無線システム用アクティブコンポーネント(電源供給を必要とする能動部品)から電気⇔光に変換するE/O、O/Eコンバータ、高速サンプリングが可能なデジタイザ等 広い技術領域から多種多様な製品を揃え、カスタマイズも柔軟に対応しております。

また、それらをシステムアップした形で、より大規模な無線装置や試験装置の開発、製造も対応し、幅広い分野へ提供しております。

 
 
 

service
03

充実した設計・生産設備


充実した設計・生産設備

当社は日々進歩する幅広い技術領域とあらゆる生産条件に対応するため、常に最新設備への投資を積極的に行っています。

その中には、市場に先駆けた素体開発用の真空蒸着装置(スパッタ装置)、3Dモデリングにより高集積、高多層設計を可能にする最新の基板設計CADシステム、試作から量産まで柔軟に対応できるマシニングセンタ(切削加工機)等多岐に渡ります。

また生産設備においてもミリ波帯まで対応できる各種測定器や、光学製品専用の測定器も多数保有しており、量産対応製品においては自社で自動計測システムの構築も行っております。

 

詳しくは、こちらから


 
 

service
04

研究・開発への取組み


研究・開発への取組み

当社は幅広い技術領域をさらに発展させるため、研究開発への投資も積極的に行っています。

お客様の声に答えるべく各事業部において新製品の開発をするとともに、中長期的な視点から産学共同研究を進めるなど新技術の開拓にも積極的に取り組んでいます。

また通信分野だけでは無い他分野の先端研究所にも当社が培った技術を提供し、高周波と光の新たな可能性を追い求めています。