株式会社多摩川電子


menu

PAGE TO TOP

h2_004

品質・環境・CSR

環境方針

policy
01

基本理念


株式会社多摩川電子は、地球環境保全が人類共通の重要課題であることを認識し、事業活動の全ての面で地球環境との調和を基本理念とする。

その為に資源の有効活用と、環境汚染の防止と予防、及び含有化学物質に関する管理について積極的に取組み、環境改善活動を継続的且つ計画的に推進し、企業としての社会的責任を果たしていきます。

policy
02

基本方針


  1. ISO14001に基づいて構築した、環境マネジメントシステムにより、環境改善活動を推進し、事業活動の全ての段階における、環境負荷の低減に努めます。
  2. 株式会社多摩川電子の活動、製品、サービスに関係する環境側面を常に認識し、環境汚染の防止と、環境リスクの予防を推進するとともに、環境マネジメントシステムの継続的な改善を図ります。
  3. 株式会社多摩川電子の活動、製品、サービスに関係する環境関連法規、協定、その他受入を決めた要求事項、自主基準などを守ります。
  4. 事業活動における環境への影響を低減させるため、技術的、経済的に可能な範囲で定量的な目的・目標を設定し、定期的に見直しながら継続的改善に取組みます。

    製品および技術の開発に当たっては、企画・開発・試作の段階から環境保全に配慮した物造りを目指します。

    製品の製造に当たっては、廃棄物・有害物などの排出量を削減し、環境負荷の低減に努めると共に、リサイクル化を推進します。

    省エネを推進し、CO2排出量削減に取組みます。

    環境負荷の少ない製品を購入する『グリーン購入』を推進します。

    生物多様性の保全に配慮した活動を推進します。

  5. 環境マネジメントシステムの教育・訓練を全社員へ確実に実施し、周知徹底するとともに、環境保全への意識向上を図ります。
  6. この環境方針は文書化し、株式会社多摩川電子の全部門及び全社員に周知するとともに、必要により適切な形で一般に公開します。

2016年4月1日 株式会社多摩川電子 代表取締役社長 小林 正憲

グリーン調達・調査

グリーン調達・調査方法について

当社では、グリーン調達の考え方やお取引先様への要請事項などをまとめた「グリーン調達基準書」を発行し、お取引様ご協力の元、環境に配慮した部品や材料を優先して購入する「グリーン調達」を推進しております。
※調査対象となるお取引先様には、別途ご連絡させて頂きます。
調査方法の詳細につきましては、調査依頼時のメールをご参照ください。
お取引先の選定に当たっては、国内外を問わず関連法令の順守、環境保全活動(環境マネジメントシステムの認証取得有無) や禁止化学物質管理についての体制が構築され、意欲的な取り組みを実践しているお取引先を優先します。

PDFファイルにはパスワードが付与されております。
対象となるサプライヤ様には、弊社品質保証部よりパスワードを別途送付いたします。

グリーン調達基準20版PDF

含有化学物質管理規定19版PDF

含有化学物質管理

「含有化学物質管理規定」で定めている「禁止物質」および「管理物質」の対象化学物質は、JAMP(アーティクルマネジメント推進協議会:以下JAMP)管理対象物質に相当します。
JAMP管理対象物質および解説は、JAMPホームページを参照下さい。

JAMPホームページ

トップページ→ダウンロード→管理対象物質リスト

提出頂くフォームは、JAMP-AIS(xml形式)です。(エンドユーザーからの要求によりJGPSSIで提出頂く場合もございます。)
調査依頼及び情報提供は、ProChemist/ASを使用します。
注意:弊社ではNECが運用している「ProChemist/AS」を利用し、システム利用にあたり、別途NECとの利用契約が必要です。契約をお願いするお取引先様に対しては別途ご案内させて頂きます。

お取引様へのお願い

Ⅰ. 含有化学物質の管理体制構築をお願いします。
Ⅱ. 弊社から要求があった際は、要求に応じた、JAMP-AIS・JGPSSI・各種証明書資料の提供をお願いします。
Ⅲ. 「環境品質監査報告書」・「環境負荷化学物質に関する不使用保証書」の提出をお願いする場合がございます。

環境品質監査報告書(エクセル様式)

環境負荷化学物質に関する不使用保証書(ワード様式)