株式会社多摩川電子


menu

PAGE TO TOP

信号処理(目的別)

信号処理・ソフトウェア

信号処理・ソフトウェア

無線通信のデジタル化に伴い、従来保有していた高周波無線・光伝送に信号処理やソフトウェア技術を取り入れることで、システムソリューションとしての提案が可能となりました。デジタル技術としては、FPGA、PLDを使用した回路設計をはじめ、CPU/DSP制御による高速信号処理等、様々なデバイスや通信インターフェースにも対応しております。

ソフトウェア技術は、ハードウェアへの組込みソフト技術、アプリケーション技術を保有しており、お客先の使用環境・用途に合わせて自由にカスタマイズすることができます。
これにより当社ではRFのフロントエンドからベースバンド、AD/DA変換、信号処理からソフトウェアの部分まで、トータルでのご提案が可能となります。
自社オリジナル製品であるバーンイン装置やデジタイザ、キャプチャリング装置など、高付加価値の製品開発にも力を入れております。


信号処理に関する製品一覧

高機能型 デジタイザ
digitizer1

高機能型 デジタイザ

High-function type digitizer

TCV-280シリーズは、標準FMCパッケージでは実装不可能な高周波フロントエンドを含む回路を搭載することが可能です。
デジタルノイズの影響を低減し、さまざまな高周波信号データを解析するアプリケーションに適しております。
帯域は最大200MHz@fs=1Gまで対応しており、フィルタなどお客様の条件に合わせたカスタム対応が可能です。
また、標準解析アプリケーションソフト(TamaScope)もご用意しております。



この分野に関するご相談解決事例

無線周波数から信号処理できる周波数まで周波数変換するコンバータを検討しているのですが、海外からコンポーネントを個別に購入しているため、装置も大型になり、コスト、納期、性能、品質面でもトラブルが多く困っています。