ラックマウント型E/O・O/EコンバータRACK MOUNT TYPE E/O・O/E CONVERTER

OAL-212

ラックマウント型E/O・O/Eコンバータ

多チャンネルラックマウント型E/O、O/Eコンバータシリーズは、基地局-アンテナ間の無線帯域アナログ伝送・トンネル・地下街等の無線対策用ブースター、RF/IF帯伝送用光中継器などに設置できます。


本装置は、19インチ/1U相当のラックマウント本体に、E/Oコンバータ(EOC-161)およびO/Eコンバータ(OEC-1056)のモジュールを最大8モジュール搭載可能で、アナログRF信号:100MHz~3000MHzの周波数範囲入力が可能です。薄型に仕上がっておりますので、多チャンネルの信号を伝送する場合は,1装置8チャンネルまで搭載可能ですので、複数アンテナの信号を伝送する必要があるシステムに最適です。

環境共通仕様

  • 性能保証温度範囲
    +10~+40℃
  • 動作保証温度範囲
    0~+50℃

製品仕様

型名OAL-212
EOC-161OEC-1056
RF入力周波数範囲100MHz~3000MHz
RF出力周波数範囲100MHz~3000MHz
RF標準入力レベル-20dBm(絶対定格:0dBm)?
RF標準出力レベル0dBm (EOC-161と光ファイバスルー接続時)
使用波長1310nm帯(標準) ※1550nm帯対応可能
発光レベルMin:3mw~MAX:6mw、Typ:4.5mw(+6.5dBm)
受光レベル+7.8dBm(最大)
RFインピーダンス50Ω
RF入力接栓SMA-J
光コネクタSC-SPC
電源DC+12V±10%、400mA以下
アラーム監視アラームをLED表示及びTTL出力すること
LED表示 正常時:緑、異常時:赤、非挿入時:消灯
TTL出力 正常時:Low、異常時:High
アラーム監視LD ALARM
(発光レベル<3dBm)
OPT ALAM
(受光レベル<-5dBm)
寸法[mm]482(W)×300(D)×43.6(H) ※突起物を除く
外観図

 

 EOC-161/OEC-1056対向RF接続性能 (光ファイバ:スルー時)
RF入力周波数範囲100MHz~3000MHz
RF標準入力レベル-20dBm(絶対定格:0dBm)
伝送利得20dB
周波数特性3.0dBp-p以内
CN60dB以上(RF入力:-20dBm、BW=30kHz)
IM358dB以上(RF入力:-20dBm/2波 total、1MHz離調)
VSWR2.0以下

 

 本体電源部仕様
入力AC 100V±10%(AC 200V対応可能)
コンバータDC供給DC+12V
消費電力80VA以下(8ユニット挿入時)
アラーム監視アラームをLED表示及び接点出力すること
LED表示 正常時:緑、異常時/電源OFF時:赤
(PS1・2両電源OFF時は表示しません)
接点出力 正常時:OPEN、異常時:CLOSE

波形データ

OAL-212 周波数特性

※ここに記載された仕様・外観は製品の改良のため、お断りなしに変更する場合がございますので、ご了承下さい。