高性能シンセサイザHIGH PERFORMANCE SYNTHESIZER

TSG-332

高性能シンセサイザ

高性能シンセサイザのTSG332は、放送用マイクロ波無線通信装置のLOCAL信号源として開発されたシンセサイザです。低位相雑音で各種装置のローカル信号源として多数の採用実績がございます。 その他周波数につきまして、100MHz ~15GHzの任意の周波数で対応可能ですので、詳細はお問い合わせください。

環境共通仕様

  • 性能保証温度範囲
    -10~+55℃
  • 動作可能温度範囲
    -20~+65℃

製品仕様

型名TSG-332
出力周波数
(IF:130MHz)
6445MHz~6715MHz
7310MHz~7580MHz
6747.5MHz~6828.5MHz
6408.5MHz~6435.5MHz
※各チャンネル設定は前面DIP_SWにて設定
周波数安定度外部基準周波数偏差に同期
位相雑音10Hz offset-42dBc/Hz以下
100Hz offset-70dBc/Hz以下
1kHz offset-90dBc/Hz以下
10kHz offset-90dBc/Hz以下
100kHz offset-115dBc/Hz以下
1MHz offset-130dBc/Hz以下
出力電力+15dBm±0.5dB(+25℃)
-2dB/+1dB(-10℃~+55℃)
高調波出力-35dBc以下(3次高調波まで)
スプリアス130MHz±100MHz:-70dBc以下
設定周波数±130MHz(高調波を除く):-70dBc以下
その他(0~20GHz、高調波を除く):-65dBc以下
外部周波数入力周波数 10MHz
入力電力 0dBm±3dB(インピーダンス50Ω)
アラーム出力①APC LOCK出力(オープンコレクタ出力)
・周波数がLOCKしていない時 低インピーダンス(LOW)
・周波数がLOCKしている時 高インピーダンス(HIGH)
※電源投入直後の収束中はLOCKしていないと判断し、LOWを出力
     
②出力電力モニタ出力(負荷抵抗10kΩ)
・定格出力時 2.5V±1.0V
モニタ出力出力レベルに対し、-20dB±2dB
電源電圧DC+10V±5% 600mA以下
ロックアップタイム電源投入後 15秒以内
コネクタRF出力、周波数基準入力:SMA(F)
電源、アラーム系:DF1B-10P-2.5DS(01)
金メッキ電極(ヒロセ製)
質量600g以下
振動振幅2mm、500~1500サイクル/秒 3方向各30分で異常の無い事
外観図

波形データ(周波数特性)

ピンアサイン

用途

電源、アラーム用 型名 DF1B-10P-2.5DS(01):金メッキ電極(ヒロセ製)

番号信号名
1電源 +10V
2電源 +10V
3電源 GND
4電源 GND
5NC
6APC LOCK出力
(オープンコレクタ出力)
※UN LOCK時:L
 LOCK時:H
7NC
8出力電力モニタ出力
※10kΩ負荷
9APC LOCK出力および
出力電力モニタ GND
※共通 GND
10NC

※ここに記載された仕様・外観は製品の改良のため、お断りなしに変更する場合がございますので、ご了承下さい。