CASEFA・その他

テストベンチ

無線機など高周波製品の試作評価、あるいは製品の電気性能検査のプロセスにおいてはネットワークアナライザ・スペクトラムアナライザ・信号発生器・パワーメータなどその他多くの種類の計測器が使用されます。試験内容に応じて通常はコネクタやケーブルを差し替えたり測定器の設定(周波数・レベル・変調パラメータ)を手動で切り替えることで能率が低下しますが、当社では測定作業の効率化のため計測器類をラックに収め、制御用PCによりGP-IBやUSB,LANといった通信メディアを駆使したテストベンチを提供しております。

下記システム全体のブロック概要の通り、測定対象物に必要な測定器類を自動的に切り替え可能とする為、高周波スイッチマトリクスにて構成された経路選択パネルをPCプログラムにて制御し、効率的かつ安定的な試験環境を実現いたします。

主要性能

実績ブロックの機能

  • 制御PC
    汎用PCにGP-IB制御機能を加え、経路選択パネルおよび各種計測器を制御。測定対象物に対し各測定器の設定を専用プログラムにてコントロールし、計測データもPCに保存。
  • 経路選択パネル
    各計測器からの入出力経路の切り替えをPCからのコマンドにて制御。測定対象物のRF端子数や高周波端子以外の計測接栓などがある場合も対応可能にカスタマイズ可能。

主要性能(実績品の代表例)

  • ①周波数範囲: DC~18GHz
  • ②入出力電力: 最大20W
  • ③測定対象項目:
    • 通過帯域特性
    • VSWR
    • P1レベル測定
    • IMD(混変調)特性
    • 消費電力
    • その他測定対象物に必要なデータ項目に対応。

外観イメージ(※当社実績品例)

特徴

  • 1. お客様の使用用途や環境に合わせたカスタマイズ対応
    • お客様にて所有されている既存の試験系への設備追加や試験項目に合わせたシステム構成をご提案可能です。
    • お客様にて試験されるモジュール形状に合わせた搭載治具のカスタマイズが可能です。
    • 試験項目により高周波技術が必要な場合でも弊社では部品・同軸コンポーネント選定や、構成検討など対応可能です。
  • 2. 検討~設計~調達~製造までのワンストップ化
    • 当社では類似のレーダ装置へのシステム納入実績がございますので、お客様との仕様検討段階からのご提案が可能です。
    • ソフトウェア・ハードウェア・電気・機構の各種設計に対応可能ですので、お客様からのご要望に迅速な対応可能です。またお客様のご予算や設計リソースにより自動試験システム全体を対応可能です。
    • 小さなモジュール品から大型ラック製品、同軸コンポーネントまで調達および製造が可能です。