CASE公共社会インフラ(交通無線設備)

空港DASシステム

光DAS システムは、回線数増加と機能化を目的とした不感地対策用光伝送システムです。特徴と致しましては、ユニット単位での拡張性があり無線エリアの拡大が容易にできます。また、イーサネットを用いて監視アプリケーションと合わせて運用することで、運用状態にある機器の監視を行うことができ、異常発生時にはメールにて登録者への発報機能も有しております。

空港DASシステム

 

空港MCA用光DASシステム 概要図

空港MCA用光DASシステム 概要図

ブロック概要

概要図

実績ブロックの機能

■親機装置
  • E/Oユニット: 親局側アンテナで受信した信号を光に変換し出力する
  • O/Eユニット: 子局からの光信号を、高周波信号と状態監視信号に分離して復調する
■子機装置
  • E/Oユニット: 子局側アンテナで受けた信号を、状態監視信号と合わせて光信号で出力する
  • O/Eユニット: 親局からの光信号を、高周波信号に復調する

 

主要性能

  • 光回線を使用した親機-子機間の複数CH同時信号伝送
  • 最大16CHマルチスロット化による構成変更の容易性
  • PCを親機に接続することで親機以下子機に付帯したAMPまでの一括した状態監視機能

 

親機装置、子機装置+10WAMP

(左)親機装置、 (右)子機装置+10WAMP

 

監視系参考

監視系参考