あらゆるRFシステムを迅速構築SDR モジュール

フロントエンドに高性能RF-ICを搭載し、広い周波数範囲や周波数帯域に対応。ARM(CPU)内蔵のFPGAを搭載し、ハードロジックによる高速通信処理からARMを使用した複雑な処理まで広く対応可。

SDR モジュール

高周波アクティブC

Product OutlineSDRモジュールの概要

SDR Module

本製品はあらゆるRFシステムを迅速に構築するためのSDRモジュール(Software Defined Radio・ソフトウェア無線・リコンフィギャラブル無線)です。フロントエンドに高性能RF-ICを搭載し、広い周波数範囲や周波数帯域に対応しています。
またARM(CPU)内蔵のFPGAを搭載しハードロジックによる高速通信処理からARM(CPU)を使用した複雑な処理まで広く対応できます。
インタフェースにPCIE、USB3.0、Ethernetを採用することで、PCと信頼性の高い高速通信を可能としています。

※SDR (Software Defined Radio):ソフトウェア無線モジュール

Why SDR Module ?SDRのメリット

ハードウェア主体の無線モジュールは周波数、通信方式等変更するたびに専用ハードウェアを構築する必要があり、コスト、リードタイム共に大きなネックとなっています。

SDRは共通ハードウェアを準備し、ソフト変更をすることで、あらゆるソリューションに対応できることを基本としているため、試作段階から製品まで用途、シチュエーションに応じ、幅広く柔軟に対応することが可能です。


  • 70MHz~6GHzまでの広い周波数範囲、信号帯域幅200kHz~200MHzまでの広帯域に対応しております。
  • ARM(CPU)内蔵のFPGAを搭載しております。
  • インタフェースにPCIE、USB3.0、Ethernetを採用することで、PCと信頼性の高い高速通信を可能としております。
イメージ画像

Features特徴

本製品はあらゆるRFシステムを迅速に構築するためのSDRモジュールです。
ADI社の高性能RF-IC「AD9364」を2個搭載し、広い周波数範囲や周波数帯域に対応しています。またARM(CPU)内蔵のFPGAを搭載しハードロジックによる高速通信処理からARM(CPU)を使用した複雑な処理まで広く対応できます。
インタフェースにPCIEを採用することで、PCと信頼性の高い高速通信を可能です。単品で利用できるようにUSB3.0・ETHERNETも備えています。

外観図

Product Spec主な仕様

仕様項目
搭載RF-ICADI社AD9364x2
RF周波数70M~6GHz
送受信帯域幅200k~56MHz
搭載FPGAXILINX社 ZYNQシリーズ
XC7Z030FFG676 オプションでグレードアップ可能
インタフェースPCIE GEN2 ETHERNET USB3.0
電源PCIE または外部供給

Introduction Example主な導入事例

アプリ検証用装置
概略図
上図(概略図)の拡大はこちら

 


多CHノイズジェネレータ

D9172を使った多チャンネル信号生成:

  • 最大6ch分の独立したRF信号を同時生成により検証時間短縮に貢献
  • 複数chからノイズを発生させることで複雑な検証パターンに対応可能
  • ノイズジェネレータ理論図ノイズジェネレータ理論図
  • ノイズ発生パターンノイズ発生パターン
  • ノイズ発生パターンノイズ発生パターン

 


RFのキャプチャリング&PLAY

RFをスペクトルアナライザとして表示:

  • キャプチャした信号をベースバンドデータとしてPC内にリアルタイムで保存
  • 保存した信号をRF出力
  • 電波監視・電波調査・試験電波生成等に貢献